ブログ新着情報

太陽礼拝108回🙏

こんにちは😀
YOGA AMA 木曜日14:00シニアクラス担当のインストラクターkimmyです❗

昨年末、YOGA AMAにて「108回太陽礼拝」のイベントを開催しました✨
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました🎶
そして、お疲れ様でした♥️

ヨガをされている方でしたら一度は耳にしたことがある太陽礼拝😊
その意味を紐解いていきます!

太陽礼拝は、サンスクリット語で「スーリヤ・ナマスカーラ」と言います。
「スーリヤ」は、「太陽」という意味がありますが、これは物質的な太陽だけを表すのではなく、全ての生き物にエネルギーを与える神様であると考えられています。 太陽の光は、気持ちも明るく前向きになり、浴びると幸せホルモンのセロトニンも分泌されます。
太陽礼拝繰り返し行うと、呼吸と身体の動きが整っていき、少しずつ思考が解放され、無の状態に近づいていきます。
太陽礼拝が「動く瞑想」と言われる理由です。

「108」という数字は除夜の鐘でおなじみで、煩悩の数を表しています。
そして、インド哲学において神聖な数とされる9。
その倍数の108もとても神聖な数として大切にされています。
108を1マーラーという1つの単位で扱い、神々を讃えるマントラを唱える際にもこの単位が使用されます。

インドの古代語、サンスクリット語の文字は全部で54文字あり、文字に対して、「男性性と女性性」あるいは「シバとシャクティ」があると考えられています。この54という数字を2倍すると108になります。
太陽礼拝を108回行うことで、プラーナ(生命エネルギー)を高めて、煩悩を浄化していくと言わてます。

108回終わった後の皆さまは達成感と一体感、そして、巡りが良くなり清々しいお顔でした🎶
また今年も1年頑張れそうです🙏
また、年末の太陽礼拝イベントでお会い出来るのを楽しみにしてます😊